■プロフィール

tome365

Author:tome365
高倉勝子美術館「桜小路」
Katsuko Takakura Art Museum
登米市登米町出身
日本画家 

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■QRコード

QR

令和2年桜開花
新型コロナウィルスによる感染拡大防止のために

3月31日まで閉館しておりましたが

登米市の指針の下4月1日より再開いたしました。



冬に暖かい日が多かったので

桜も咲くのが例年より早いです。
IMG_0657[1]
IMG_0648[1]

ご近所の清野邸の枝垂れ桜です。

元禄年間(1688~1704)に植えられたと伝わっています。


美術館の桜も咲きました。
IMG_0667[1]

午前中陽射しがより当たるところが

多く咲いています。
IMG_0663[1]

おいでになる皆さまにはご理解とご協力をお願いせねばなりませんが

スタッフ一同細心の注意を払いながらの開館となります。

でもこんな時だからこそ

心の栄養補給においで頂きたい。

何とも複雑な状況です。



新着情報 | 14:23:50 | トラックバック(0) | コメント(0)
登米中学校切り絵作品展開催中
ここ登米町にある登米中学校では

毎年二年生の皆さんが制作した切り絵でデザインされた

素敵なカレンダーを町内の公共機関に配布してくださっています。

IMG_0593[1]
こんな感じです。これは当館の事務室のもの。

そして何と✨

ただいま当館多目的室アートパルに

今年のカレンダーのために制作された作品の中から

カレンダーに採用された6作品を含め

19点の切り絵作品をお預かりして展示しております。

IMG_0590[1]

黒と白のコントラストで表現された「登米の風景」

いつも見慣れた地元の風物が

とても新鮮に映ります。


そして今回

一年生の皆さんがカッターに慣れるために手掛けたという

蝶の習作も同時に展示しています。

IMG_0591[1]

毎年こうやって次の年に向けて準備されているんですね。

カレンダーへの掲載は6作品と狭き門ではありますが

その制作の過程でそれぞれの生徒さんが

改めて自分の生まれ育った町を見つめ直したり

達成感を味わったり

喜び或いは口惜しさを味わったり

美術科の授業を超えて学んで得られるものは

大きいことと思います。

今年一年生の皆さんも

切磋琢磨して素敵な作品を作っていって頂きたいです。




『切り絵で表現 ふるさと登米の風景』


   髙倉勝子美術館 多目的室アートパル

   2月29日(土)まで開催中
   午前9時~午後4時30分






新着情報 | 15:46:37 | トラックバック(0) | コメント(0)
「とんぼ玉ぎゃらりぃKei」お雛様展開催中
令和二年年明け多目的室アートパルでは

登米市米山町で活動されている

「とんぼ玉ぎゃらりぃKei(代表 一條恵子さん)」の皆さまの

お雛様や吊るし飾りを展示しております。


IMG_0572.jpg
IMG_0573.jpg
IMG_0580.jpg
IMG_0578.jpg

お雛様は布製の猫のお雛様やスワロフスキー製のお雛様

頭(かしら)がとんぼ玉のお雛様など

可愛らしくて珍しいお雛様たちはガラスケースの中で

皆さまをお待ちしています。



「 とんぼ玉ぎゃらりぃKei 」
    お雛様展


 1月31日(金)まで
 高倉勝子美術館「桜小路」
 多目的室アートパルにて開催中
 



新着情報 | 16:09:53 | トラックバック(0) | コメント(0)
*小雪(しょうせつ)*
冷え込みが厳しくなり

降る雨が気がつくと雪に変わるような

そんな季節になりました。

布団の足元で寝ていた猫が

布団の中で朝まで眠るような

そんな季節です。

IMG_0535[1]
お隣りの清野邸。枝に残った柿は鳥さん用でしょうか。

IMG_0537[1]
美術館前の駐車場のモミジ(奥は水沢県庁記念館敷地内の松)

IMG_0542[1]
春蘭亭正面。落葉していますがまだまだ紅葉を楽しめます。

IMG_0550[1]
当館アートパルで開催中の
栗原市の「夢玄面友会」会員能面作品展(一部狂言面)
『幽玄の雅』

11/30(土)まで開催しております。
時間は9:00~16:30
期間中休館日はございません。
ぜひお越しください。






とよま町ご案内 | 15:11:02 | トラックバック(0) | コメント(0)
*台風19号*
超大型の台風による被害の状況は

日を追うごとに

深刻さを増しています。

被害に遭われた皆さまが

早く日常を取り戻されるよう

願うばかりです。

台風が去ってみると

宮城県内の被害も大きく

とよま界隈、当館の状況を心配する

お問合せも頂きました。

登米市内でもところによって

冠水した畑や浸水した建物が見受けられたようですが

ここは幸い大丈夫で

13日は午後から開館いたしましたが

本当は気仙沼においでになる筈が

三陸自動車道の通行止めにより

途中下車された俳句の会の皆さまなど

思いがけなく少なからずご来館いただきました。

(正直なところいろいろと複雑な気持ちですが)



ところで

現在開催中の

開館10周年記念特別企画の展示の中に

高倉家からお借りした

勝子先生がお書きになったこけしの絵がございますが

常にご覧頂いている

精神性の高い重厚な作品とは

また一味違う可愛らしさに

大変ご好評を頂いております。

そして何と!

勝子先生の息子さんご夫妻が

先日記念の式典においでになった際に

先生が絵付けされたこけしを

お持ちくださいました。

顔の表情はもちろん

胴の部分への描き込みも

「おくのほそ道」を彷彿とさせる僧形の二人連れ、

まさに「葛の葉子別れ」の一場面のような薄野に狐の親子など

歴とした勝子作品です。


IMG_0483.jpg
IMG_0485.jpg

こけしの絵は多目的室アートパル

こけしは常設展示室 アトリエ部分で

それぞれ展示しております。



開館10周年を記念した特別企画展

『悠ー祈り・いのち・風・流・大地』

 開催中です(~11/4(月)まで)

            お見逃しなきようご案内申し上げます



雑記 | 16:59:41 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ