■プロフィール

tome365

Author:tome365
高倉勝子美術館「桜小路」
Katsuko Takakura Art Museum
登米市登米町出身
日本画家 

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■QRコード

QR

*菜虫化蝶(なむしちょうとなる)*
当美術館南側の梅が

ようやく綻びはじめました。

IMG_0170[1]
IMG_0166[1]

一昨日は突然の降雪に

やっぱり東北の春は

すんなりとは来てくれないな~

なんて思いましたが

一歩一歩しっかりと近づいて来ているようですね。

IMG_0187.jpg
IMG_0180[1]

館内ではユリや水仙からの

香りのお裾分けが

春めいた気分にしてくれております。


3月21日(木・春分の日)より

勝子先生の春らしい作品を展示いたします。

収蔵品16点(うち屏風2点)に加えて

高倉家所蔵の作品5点

個人蔵の作品1点

計22点(常設展示室南側に11点 アートパルに11点)

展示いたします。

ご来館お待ちしております🌸



雑記 | 17:07:48 | トラックバック(0) | コメント(0)
*引出しがいっぱい*
はや立春も疾うに過ぎ

明日は聖バレンタインの日ともなりました。

ただいま 当美術館 アートパルにおきましては

4回目となった千葉英雄 さんの

切り絵アート展 開催中です。
IMG_0128.jpg
IMG_0127.jpg

千葉さんは

「道」と名のつくものは大抵修めているとのこと。

茶道・華道・書道・柔道・剣道・古武道などなど

また詩吟も嗜まれるそうです。

それはまだ千葉さんが幼かった頃

絵を描くことが好きで得意だった千葉さんが

「 デザインをすることを仕事にするためにはどうすればいいか 」

と尋ねたある方が

「 とにかく色々なものを観て色々なものに触れ

 色々なことを体験することだ(意訳・要約 ご容赦) 」

というような言葉をかけてくれたことがきっかけになってのこと。

後に夢をかなえて広告代理店での

商業デザイナーとしての活躍の先で花開いたのが

独自な切り絵の世界。

遅ればせながら 多彩な作風の原点には

生真面目な千葉少年の熱い想いがあることを知りました。

でも その想いを形にできる力があればこそ

数々の観る人を魅了する作品が存在する訳で

つくづく表現する力をお持ちになって

それを正しく発揮されていることに

感動と感謝を覚えます。




千葉 英雄

切り絵アート展


登米市髙倉勝子美術館「桜小路」
アートパルにて
2月28日(木)まで開催

午前9時~午後4時30分





雑記 | 16:19:57 | トラックバック(0) | コメント(0)
*来年もどうぞよろしくお願いいたします*
気がつけば年の瀬

今年も多くの皆さまにご来館頂きました。

心より感謝申し上げます。

当美術館も来年10月で10周年を迎えます。

今年の10月から10年目に突入した訳ですが

年が明けて少し寒さも和らぐ頃から

記念すべき年にふさわしく

勝子先生を回顧する展示を行っていく予定です。

詳しくはその都度お知らせいたしますので

よろしくお願いいたします。



年明けすぐには昨年同様 多目的室アートパルにおきまして

この寒い時季においで頂く皆さまへの寿ぎとして

縁起が良く華やかな布細工の展示を致します。

登米市ご出身で現在 仙台在住の佐々木 美津枝さんの

古布を用いて細やかな手仕事で作られた作品の数々

ぜひご覧においでくださいませ。

入口から
南側から
いのしし

初春の福かざり ― 布で描く花鳥風月
 押絵作家 佐々木 美津枝の世界

  平成31年1月5日(土) ~ 1月27日(日)
     午前9時 ~ 午後4時30分




新着情報 | 14:20:11 | トラックバック(0) | コメント(0)
*閉塞成冬(そらさむくふゆとなる)*
暦も「大雪(たいせつ)」を過ぎ

毎朝がこの冬一番の寒さ

となっている今日この頃です。

美術館界隈でも二度目の積雪です。

IMG_0019.jpg
IMG_0024.jpg


ただいま当美術館多目的室アートパルでは

『聖徳記念絵画館壁画集』を

一部展示しております。

IMG_0013.jpg
IMG_0016.jpg


明治神宮外苑の中心的建造物である

聖徳記念絵画館は

明治天皇と昭憲皇太后の遺徳を描いた

縦約2.7m 横約2.1~2.5mの大きい絵画を

展示している美術館で

その絵画は綿密な考証の元に描かれており

歴史的・文化的に貴重なものですが

これらを手掛けたのは

例えば木村武山、鏑木清方など

当時の一流の画家たちであり

絵画作品としても優れたものです。

昭和11年に日本画、洋画それぞれ40点

計80点の作品が揃うまでに

大正14年の揮毫者の内定から10年の歳月を要したとのこと。

昭和7年にはその時点で揃っていたうちから

日本画14点 洋画26点 併せて40点の

縮小版の複製を 『聖徳記念絵画館壁画集 乾の部』(後に坤の部刊行)

として明治神宮奉賛会より刊行されました。

これをお持ちの「登米伊達文庫」より

この度 展示する機会を頂き

ご来館下さった皆さまにご覧頂いております。

展示は12/16 (日) までとなっております。

登米にお立ち寄りの際には

どうぞ髙倉勝子美術館「桜小路」まで

足を延ばしてみてくださいませ。





そのほかの展示 | 14:32:02 | トラックバック(0) | コメント(0)
*小雪( しょうせつ )*
今日は二十四節気でいうところの

「小雪」です。

雪こそ降りませんが

朝から寒いです⛄


P1040963.jpg
お向かいの

水沢県庁記念館

柊とメタセコイア(高い方)が

黄葉しています。

P1040965.jpg
P1040974.jpg

春蘭亭のモミジです。

かなり散りましたが

まだまだ美しい紅が残っています。

P1040969.jpg

明日「勤労感謝の日」からの三連休

ぜひ とよまにおいでくださいませ
P1040976.jpg
P1040968.jpg





雑記 | 14:17:24 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ

FC2Ad