■プロフィール

tome365

Author:tome365
高倉勝子美術館「桜小路」
Katsuko Takakura Art Museum
登米市登米町出身
日本画家 

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■QRコード

QR

ツバメ一家は今日も健やかです
5月11日まで閉館しているあいだも

美術館の玄関先では

去年のツバメの巣がリフォームされ

子育てが順調に始まっておりました。


IMG_0893.jpg


おとうさんもおかあさんも

ヒナたちにご飯をたべさせるのに大忙し。

毎年のことですが

つくづく感心してしまいます。

懸命な子育ての甲斐あって

ヒナたちはたちまち大きく育っています。

巣立ちの時が楽しみなような、寂しいような…

引き続き見守りたいと思います。






雑記 | 15:41:30 | トラックバック(0) | コメント(0)
とよまの桜も咲きました


今朝の清野邸の枝垂れ桜です。

遠目にも桜色に霞んでいます。

IMG_0862.jpg

美術館南側の白梅紅梅もとっくに満開になっておりました。

お日さまが当たってくる頃

前庭の桜のつぼみを撮ろうかななんて

のんきに構えていたら…!

IMG_0867.jpg

お昼をまわった頃には

お日さまに近いところから咲いておりました!

例年より早いとは聞いておりましたが

ほんとうに早い開花でした。

IMG_0870.jpg

ただいま当館多目的室アートパルでは

収蔵品の中から春をモチーフにしたもの

春をイメージさせてくれるもの

12点を展示しております。

常設展示作品とはまた違った

軽やかな味の勝子作品をお愉しみ頂けます。

桜共々ぜひご覧になりにとよまにおいでください。

お待ちしております🌸








雑記 | 15:30:06 | トラックバック(0) | コメント(0)
あれから10年
今日は3月11日。

東日本大震災から10年経ちました。

14時46分にはサイレンの吹鳴に合わせて

亡くなった方々を悼み黙祷いたしました。

この震災の後にも

各地で大きい地震災害が度々起きています。

日本という国に暮らす限り

これからもそれは避けることができないのでしょう。

せめて被害を最小限に留めるために

ひとりひとりが自分の身を守る意識を

高めて持ち続けることが必要だと強く思います。



IMG_0846.jpg

季節は変わらず巡って参ります。

この間まで固かった紅梅のつぼみが

気が付けば馥郁(ふくいく)と花開いておりました。



当館多目的室アートパルでは

『切り絵で表現するふるさと登米の風景』開催中

地元の登米中学校2年生の皆さんの力作の数々

おかげさまで大変ご好評を頂いております。

こちらの展示は今月21日(日)までとなっております。

ぜひご覧になりにおいでくださいませ。

お待ちしております🌸

IMG_0851.jpg


雑記 | 15:46:12 | トラックバック(0) | コメント(0)
東風吹かば
日中暖かい日が増え

日も長くなり何となく

ほっとしていたのですが

今朝地面がうっすらと白くなっていてびっくり。

すぐに陽射しで溶けてしまいましたが。

IMG_0838.jpg

枝が混んでいて分かりづらいですが

寺池城址公園の梅です。

南側の日当たりのいいところは

ちらほら蕾もほころんでいます。

IMG_0841.jpg
IMG_0842.jpg

美術館はというと

咲くにはまだのようですが

大分赤味が濃くなってきています。

もう少しで皆さまにも

可憐な様子をお見せできることと思います。



さて当館多目的室アートパルでは

3月1日(月)より3月21日(日)まで

地元の登米中学校2年生の生徒さん達制作による

切り絵作品の展示をいたします。

とよまの町並みに題材を取った力作39点を

ぜひ多くの方々にご覧頂きたいと思います。

ご来館お待ちしております🌸






雑記 | 16:45:43 | トラックバック(0) | コメント(0)
風邪の日
令和3年は1月5日が「小寒」の入りとなっていますが

既に大寒かのような厳しい寒さに見舞われています。



今日1月9日は「風邪の日」

これは江戸時代中期の寛政七年(西暦1795年)に

第四代横綱として六十三連勝の記録を持つ

大相撲史上屈指の強豪二代目谷風梶之助が

はやり風邪で亡くなったことに因んだものだそうです。

地球規模で猛威を振るう感染症と戦っている現実の中にいる我々ですが

ウィルスと共存する上では

この先も犠牲を払わずにはいられないのでしょう。

COVID-19の勢いもそのうち衰えるでしょうが

また新しい感染症が現れるはず。

とにかくひとりひとりが既に罹ったつもりになって

自分以外の人に感染を拡げまいとする強い気持ちで

注意深く行動する必要があると思います。



何度も繰り返されたはやり風邪を越えて

生き残ってきた子孫である私たちならまた越えられると信じて。



雑記 | 16:17:03 | トラックバック(0) | コメント(2)
次のページ