■プロフィール

tome365

Author:tome365
高倉勝子美術館「桜小路」
Katsuko Takakura Art Museum
登米市登米町出身
日本画家 

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■QRコード

QR

*匂いおこせよ梅の花*
DSC03453.jpg

髙倉勝子第一画集
『悠 ━祈り・いのち・風・流・大地━』

に収められている平成5年に描かれた作品です。

自らの手になるキャプションに

「…春の訪れをいち早く教えてくれる梅。
 毎年描きたい梅。…」

とあります。


わが美術館の紅梅のつぼみは

まだ中々ふくらんできませんが

県道を挟んで美術館の北側にある

寺池城址公園の梅は咲き揃いつつあるようです。


DSC03450.jpg

去年のブログを振り返ってみると

2月の末にはもう咲いていました

積もるほどに雪が降ることもなかったので

何となく今年の方が花の時季も早いような気がしていたので

意外でした。

この分だと

桜の開花も去年より遅いのかも

春が待ち遠しいです





日本画・髙倉勝子作品について | 17:47:15 | トラックバック(0) | コメント(0)
*きょうは猫の日(=^・^=)*
今日2月22日は

「2、2、2」と「にゃん、にゃん、にゃん」

の語呂合わせから「猫の日」

なんだそうです。

猫


写真は ポストカード(5枚組¥450・当館ショップにて販売)になっている

『猫と少女』

昭和43年(勝子45歳)の作品で

宮城県芸術協会展にて

芸術祭賞を受賞した作品です。

長毛種っぽい猫ちゃんのツートーンカラーと

女の子のノースリーブのセーターの白の対比が

際立っています。

この作品のほかに芙蓉の花と猫を題材にした作品もあり

犬を描いたものが見当たらないことから

「どちらかというと先生は猫派?」

自分がそうなもんで(関係ないですね、すみません)

勝手に嬉しくなってしまいました。

(失礼致しました。)



日本画・髙倉勝子作品について | 17:21:31 | トラックバック(0) | コメント(0)
*餅花祀*
当館 常設展示となっている

「餅花祀(もちばなまつり)」 という作品があります。
(1974年作 第38回河北美術展 宮城県知事賞受賞)

餅花というのは小正月に餅をつき、

色を付けた餅の玉をミズノキに挿したものです。

登米地方の豪農であった勝子先生の生家でも

これを飾ってその年の五穀豊穣を祈ったそうです。

もち花Ⅲ
当館 アトリエに展示されている登米地方の正月飾り

日本画・髙倉勝子作品について | 17:36:16 | トラックバック(0) | コメント(0)
* ば ら *
ばら

上の絵は 勝子の第一画集「悠−祈り・いのち・風・流・大地」

に収録されている「ばら」と題された絵です。

自らの手になるキャプションに

旧泉市が仙台市に合併されて泉区となった年(昭和63年 勝子65歳)、

石井仙台市長(当時)からの

この年成人式を迎える青年たちに配る案内状や記念品の

記念の年にふさわしい図柄を、

との依頼によって描かれた作品である、とあります。

「 −父母はじめ社会の方々の期待を一身に集め、無事に、逞しく

 育ってくれた大切な大切な人たち。将来にかける大きな夢、

 理想を胸に抱いて、懸命に生きてほしい。強く、賢く、やさしく、美しく。」

そして、背景は銀箔をいぶして荘重に、

伸びる若々しい花たちの生命の輝きは、色あせることなくと願をこめて

瑞々しいバラの花を黒漆のかごに添えて描いたとのことです。

当美術館の地元である登米市では

明日11日に成人式が行われますが

人生の大きな節目を迎えられる全ての皆さまに

お祝いを申し上げますと供に

幸多からんことをお祈り致します。







日本画・髙倉勝子作品について | 16:24:11 | トラックバック(0) | コメント(0)
成人式
宮城県登米市、昨夜雪が積もりました

DSCF1717.jpg



昨日は「成人の日」でした

もともと「成人の日」は1月15日でしたが、
ハッピーマンデー制度により
平成12年より、
1月の第2月曜日が「成人の日」になりました


ハレの成人の日の、着物姿の女性を
髙倉勝子先生は何点か描いています

そのうちの1点が、
当館に常設展示されています

着物の柄から、作品を制作された当時の
流行が伺えます。


成人を迎えた乙女の初々しさと
大人としての自覚、決意

とても細やかに描きこまれた、
華やかかつ、品格のある作品です


どうぞ当館での髙倉作品の鑑賞を
お楽しみ頂けたら幸いです



<登米の四季写真展「夢は今もめぐりて」>
1月31日(金)まで開催中です
最終日31日は、午後3時までの展示となります

皆さまのご来館をお待ちしております



登米市髙倉勝子美術館
所在地:宮城県登米市登米町寺池桜小路88-1
電話・FAX:0220-52-2755
入館料:一般200円、高校生150円、小中学生100円
休館日:12月28日~1月4日のみ





テーマ:日本文化 - ジャンル:学問・文化・芸術

日本画・髙倉勝子作品について | 09:27:20 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ

FC2Ad