■プロフィール

tome365

Author:tome365
高倉勝子美術館「桜小路」
Katsuko Takakura Art Museum
登米市登米町出身
日本画家 

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■QRコード

QR

ただ、愚直に…
どれだけ、絵の制作を通して自己を高められるか、
どれだけ、多く描き、良き作品を残せるか。

髙倉勝子と言う人は
そういうことに生涯をかけて挑み続けた人ではないでしょうか

それは、今も水墨画制作という形で続いているそうです。



あくなき、美の追求。
貪欲に、ただひたすらに、 描きに描いて…
祈る心、生命への感謝を灯火(ともしび)に…


絵は髙倉勝子先生の人生そのもの。

全身全霊を、自分のすべてを、注ぎ込んだその結晶。
夢や想いは、やがて当館・髙倉勝子美術館開館へと実を結びました。


多くの方に観て頂くのが何よりの喜び。
この髙倉芸術をきっかけに、美術に親しんで頂ければ…

作品に驚いたり、
楽しい気持ちになったり、
励まされたり、
元気をもらったり、
懐かしい気持ちになったり…

どれだけ、髙倉作品は多くの方に影響を与えたことでしょう。
その独自の<芸術>を楽しんで頂けたことでしょう。


地道に積み重ねてきた作品制作の一粒一粒は
色あせることのない、
永遠の輝きと、
<髙倉宇宙>が奏でる世界が秘められて…



森羅万象 千変万化

あらゆる事物は絶えず変化しうつろうもの。


けれども 時は流れても ただそこにある。

大事なことは、何ひとつ変わることがなく…



生きよ、ただ愚直に。


 正直に、そして素直に…



DSCF8845.jpg


スタッフK





テーマ:art・芸術・美術 - ジャンル:学問・文化・芸術

日本画・髙倉勝子作品について | 09:55:01 | トラックバック(0) | コメント(0)