■プロフィール

tome365

Author:tome365
高倉勝子美術館「桜小路」
Katsuko Takakura Art Museum
登米市登米町出身
日本画家 

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■QRコード

QR

* 小さい秋 見つけた *

雨あがりの朝、いつもの散歩道で
コスモスの花とマリーゴールドが競演するかのように
咲いていました。

P9100066.jpg

 ・・・ コスモス(秋桜)とマリーゴールドの競演 ・・・
  雨あがりでピンクと白が一層鮮やかで黄色のマリーゴールドが
  それを支えてくれています。
   さらに歩みを進めると

P9100062.jpg

・・・ ほんのちよっぴり咲いた萩 ・・・
  誰かが植えたのか、それとも野生の萩なのでしょうか
   これから季節が進むにつれて枝一杯に咲き誇り
  たくさんの人を楽しませてくれることであろう。

 そのすぐそばに 秋の象徴ともいえる「尾花(ススキ)」が
  芒とはならないも秋の訪れを知らせるように風に揺れていました。

P9100059.jpg

・・・ 風に揺らいでいる ススキ ・・・
  
   今年の夏は例年になく厳しい暑さが続きました。
  でも、季節の移ろいはあらそえないもの
  散策する風景は変わってきています。
   北上川に映す「日根牛山」の緑はまだ濃い緑をなしていますが
  道端には「小さい秋」がしのび寄ってきています。
 
  平安時代の歌人で三十六歌仙のひとりでもある 藤原敏行の
「秋来ぬと 目には彩かに見えねども
風の音にぞ驚かれぬる」の歌を思うとき
「秋」という実感はまだ湧かないにしても
   コスモス  萩  尾花(ススキ)・・・・・などを見るにつけ
  「小さい秋」を感じているこの頃です。
 


新着情報 | 15:51:44 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad