■プロフィール

tome365

Author:tome365
高倉勝子美術館「桜小路」
Katsuko Takakura Art Museum
登米市登米町出身
日本画家 

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■QRコード

QR

*双龍の図*
平成7年に発行された画集

『悠━祈り・いのち・風・流・大地』

に水墨画に寄せる想いに触れた記述があります。

「…画禅一如は水墨画を描いてよく分かる ー略ー 色があるのに色のない、
 色がないのに多彩な色を感じさせる玄妙観自在の世界、色即是空、空即是色、
 まさに空そのもの ー略ー 煩悩から離れ心の平安を求めるための
 私の水墨の旅は遅々として進まない -略ー 和紙ににじむ一筆一筆は、
 怖いほど正直にわが心の影を映す。」

この度の5周年記念特別企画展では

水墨画として 常設展示の「奥の細道」のほかに

「芭蕉と曾良と松林図」

北上川水系沿いに点在する義経伝説に

想いをはせた屏風二隻

そして 「双龍の図下絵」

こちらは襖絵として制作されたものの習作なのですが

下絵とはいえ

正に祈る対象としての竜神を、という依頼主の意向に

応えるべく自ら祈るような気持ちで臨んだという

その緊張感、強い集中の念が感じられるような

迫力が漲っています。

この双龍の図につきましては

個人蔵の襖絵ということで

今回展示は叶いませんでしたが

制作場面を収録したDVDを

ご鑑賞いただいております。(約3分)

より多くの皆さまの

お越しをお待ちしております

水墨


新着情報 | 17:33:21 | トラックバック(0) | コメント(1)
コメント
悠ということ・・・
おはようございます。今朝は、冷えた朝でした。もはや晩秋の気配です・・・。
今回の企画展、拝見しました。と、同時に常設以外のものとして展示された絵画も見せていただきました。
「双龍」は、圧倒的な作品です。大変なエネルギーを費やして制作したモノだと言うことが、筆線の細かい表現からも伝わってきます。
「悠」をテーマの一つとしている勝子先生、自分の生い立ちからの時間軸の延長線上の作品を感じることができました。気持ちが充ち満ちたすばらしい「企画展」を拝見した次第です・・・。
2014-10-12 日 09:43:14 | URL | Yacho [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad