■プロフィール

tome365

Author:tome365
高倉勝子美術館「桜小路」
Katsuko Takakura Art Museum
登米市登米町出身
日本画家 

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■QRコード

QR

・・・ 秋 酣 ・・・
こんにちは

本日のブログはAWがお届けします。

菊の香りが仄々と 赤トンボが舞った

十月も今日は晦日、明日からは霜月。
 
秋たけなわの季節。
 
髙倉勝子美術館「桜小路」では、芸術の秋に相応しく

開館五周年記念特別企画展を開催中で
 
多くの皆さんにお出で頂き
  
日本画家高倉勝子の世界を堪能して頂いています。

先日、おもてなし推進委員会(登米市観光物産協会の組織の一つ)の

研修会で世界遺産に登録されている平泉に行って来ました。
 
中尊寺、金色堂、毛越寺、無量光院、義経堂 等じっくりと

廻って来ました。
 
何度も行っているのですが、その都度あらたな感激に

浸ることができます。
 
今回は秋本番の時期。特に、藤原二代基衡公夫妻と三代秀衡公が再興

したという毛越寺の大泉が池周囲の紅葉見ごろで素晴らしかったです。

岩手県平泉 (1)
毛越寺の見どころは何と言っても大泉が池です。
 
池の中央には勾玉状の中島があり、昔は両端の宮殿から
 
反橋と斜橋が架かっていたそうです。周囲は作庭時の現状

そのまま残っており鑑賞し応えがあり、水面に移す木々が

美しく映え、特に紅葉の真っ赤な様は素晴らしかったです。

岩手県平泉 (2)
緑の松に対照的な紅葉

岩手県平泉 (3)
紅葉に囲まれた遣水
  
池の東北側にある遣水は、池に水を引き入れるために
 
造られたそうで、「曲水の宴」が催されところで、しばし
 
ただずみ「もみじ」を堪能していると、平安の雅な情景が
 
脳裏に浮かび立ち去り難たかった。

奥州藤原氏(源義経公も含めて)と当地方は関わりが深く
 
史実が多く伝わっています。是非登米市、そして、みやぎの明治

村にお出で頂き髙倉勝子美術館「桜小路」にも足を延ばして

頂きます。お待ちいたしております。


新着情報 | 13:09:15 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad