■プロフィール

tome365

Author:tome365
高倉勝子美術館「桜小路」
Katsuko Takakura Art Museum
登米市登米町出身
日本画家 

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■QRコード

QR

*  秋去りて  冬来たる  *
本日のスタッフブログは、AWがお届します。

       秋去りて 冬来(きた)る

 あの夏の暑さはどこへ行ったのでしょうか。?
美術館のシンボルでもある中庭の枝垂桜は、全て落葉し
来年の春を待っているかのようです。
 周りの木々も紅葉はしているものの朝夕の寒さに
色褪せてはいるが秋の名残りをちょっぴり漂わせています。
 そんな中、柔らかな日差し(?)に誘われて付近の野山を
散策しました。
 すると毎年鈴なりのカラタチの実が見当たりません。
よく見ると一個だけ申し訳そうに風に揺られていました。

あ
  
・・・・・来年に備え 木守りのような「カラタチ」1個・・・・・

下を見ると

い

・・・・・草叢に実が落ちていました。・・・・・
去年と同じ時期なのにどうしたというのでしょうか。
今年は寒さがいつもの年より早く訪れる前兆なのでしょうか。
  更に歩みを進めると
 落葉した梅の木に「カラスウリ」が
5~6個ぶら下がっていました。
上の方の実はカラカラに乾いていました。

う

「よくぞ誰にも取られなく、鳥などに食べられないで
 ここまで残っていたのか」と思い嬉しくなりました。
  
鈴木祥子さんが歌った「真っ赤な秋」は

   真っ赤だな 真っ赤だな
    からすうりって 真っ赤だな
    とんぼの背中も 真っ赤だな
  夕焼け雲を 指差して
   真っ赤なほっぺたの 君と僕
     真っ赤な秋に 呼びかけている

  でも、このカラスウリは真っ赤ではなく
   黄色く くすんでいました。
    でも でも  実の中には来年の春に芽を出す
     種が いっぱい いっぱい 詰まっているでしょう。

  暦の上では冬  でも 芸術の秋はまだまだ続きます。
髙倉勝子美術館「桜小路」では 
 開館五周年記念特別企画展は、11月16日迄開催致しております。
是非お出で頂き、日本画家高倉勝子の芸術の世界を
ご堪能下さい。  お待ち致しておりまーーーーす。


新着情報 | 13:54:15 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad