■プロフィール

tome365

Author:tome365
高倉勝子美術館「桜小路」
Katsuko Takakura Art Museum
登米市登米町出身
日本画家 

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■QRコード

QR

―高倉勝子美術館よりお知らせ―
昨日7月6日、高倉勝子先生の葬場祭に参列させていただき
先生と最後のお別れをして参りました。

先生は、眠っているような優しい綺麗なお顔でした。
ただ一言、感謝の言葉が言いたくて
「有難うございました」と、先生のお顔の横に蘭の花をそっと置きました。
最初で最後の対面となってしまいましたが
お会いすることが叶い、嬉しさと、寂しさで涙が溢れ止まりませんでした。

最後に神職様が、「勝子先生は、神になられ皆様のもとへと
遊びにいらっしゃるかもしれません。」と、お話し下さいました。

きっときっとお会いしたかった皆様のもとへと遊びに行くかも♡

お客様からお預かりした芳名帳やアンケートに書かれたメッセージは
息子さんを通し先生にお渡ししておりました。
今後も、息子さんにお渡ししたいと存じますので
ご記入下さいましたら幸いです。

高倉家、ご親戚の皆様からのお言葉もあり
美術館では、高倉勝子先生の追悼と致しまして
本日、7月7日~7月16日までの期間
入館料を無料と致します。

ちょうど、高倉勝子特別企画展「悠―祈り・いのち・風・流・大地」
を開催しております。
平和を願う勝子先生の「双龍の図―下絵」
広島での被ばく体験を描いた「原爆の図」
郷土を愛し、平和を願い、活動してきた先生のあゆみを
多くの皆様にお越しいいただき
作品を観ていただきたいと存じます。

昨日、葬場祭、直会とご一緒させていただき
皆さまから先生の生前の楽しいお話を沢山聞かせていただきました。
帰るとき、会場内に飾られたお花をお持ちくださいと
沢山有ったので、是非、美術館に飾らせてください!と頂いて参りました。

本日、心を込めて飾らせていただきました。
IMG_5612.jpg
写真を撮っていたら、なぜか先生の写真の目線が
ちょうどお花を観ているような感じがして・・・
( ⌒艸⌒)嬉しくなっちゃいました。
IMG_5614.jpg
お花沢山いただいてきたので
IMG_5619.jpgIMG_5622.jpgIMG_5628.jpg

先生喜んでくれてるかな(●´ω`●)ゞ

御霊のご平安をお祈りいたします。

それでは、また明日(●´ω`●)







新着情報 | 17:01:14 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad