■プロフィール

tome365

Author:tome365
高倉勝子美術館「桜小路」
Katsuko Takakura Art Museum
登米市登米町出身
日本画家 

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■QRコード

QR

「私の生き方」 ― 高倉勝子 ー
先日、当館宛に封書が届き、中には、お手紙とCDが2枚入っておりました。
それは、平成8年11月9日 とあるところで高倉勝子先生の講演会の様子が録音された物でした。
思いがけない貴重な贈り物を頂き、職員一同送り主様に、感謝を申し上げ
これから大切に保管していこうと思っております。
本当に有難うございました(^-^)

贈り物の内容は、題目「私の生き方」
恥ずかしながら、私は先生のお声をまだ聞いたことがなかったもので
音響から流れる先生の声は、とてもはつらつとして、お話しなさってるその時の光景が
目に浮かぶような感じがいたしました。
元気なお声から、先生の「生い立ち」~これまでの「歩み」が
手に取るように解って来るようでした。

IMG_5988.jpg

被爆体験を語る貴重な語り部の先生
何度も涙が流れました。
常に一生懸命で、努力家。
全力で活きてきた先生でした。
勝子先生は、生かされた人なんだと思いました。

お話の随所にユーモアを交え、笑いが起こり
先生のおちゃめなところも垣間見え
自分の生き方、人間としての生き方を講話から学びました。

現代社会に於いて、忘れがちな作法や感謝の言葉の大事さ。
私も震災から生き残った身。
改めてご縁に感謝した次第です。

今日もお客様とお話しながら、先生の写真を観つめ
「先生は本当に凄い人です(^^)」と呟く私です( ⌒艸⌒)

話は変わり・・・
水害
世の中、大雨から川の氾濫や決壊(>_<)
水害で大変なことになっているようですね…(涙)。
昨夜、家の長男も帰宅したらサイレンが鳴り響いていたとのこと。
避難所にいったら、自分ひとりだけだったと・・・。
教訓は活かされないものですね(T_T)
救助の方も、命がけです。どうかどうか危ないときは避難してください。

雨が上がることを祈ります。







新着情報 | 17:08:55 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad