■プロフィール

tome365

Author:tome365
高倉勝子美術館「桜小路」
Katsuko Takakura Art Museum
登米市登米町出身
日本画家 

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■QRコード

QR

(o・ω・)ノ 日本の山寺ものがたり①
昨日のブログでお話した、勝子先生の「日本三大山寺」は、
当館ホームページ、【作品のご紹介】の中で紹介しております。
日本三大山寺

大江の国の石山寺、出羽の国 岩山寺、そして砂山寺。
砂山寺は泉区にあり、勝子先生の家の近くにあって
洞雲寺和尚さんから書を依頼され初めてその存在を知ったそうです。

日本の山寺ものがたり①(解説から抜粋)

近江の石山寺
良弁は、石山の地を巨大な岩の上に聖徳太子念時仏の6寸の金剛如意輪観音像を
安置し草庵を建てた。
ところがどうしたわけか如意輪観音像が大岩から離れなくなってしまった。
やむなく如意輪観音像を覆うように堂を建設したのがこのお寺の始まりとされている。

紫式部が源氏物語の着想を得たのも石山寺とされているらしい。
伝承では、寛弘元年、紫式部が寺に参籠した際、8月15日夜の名月の晩に「須磨」「明石」の
巻の発送を得たとされており、石山本堂には、「紫式部の間」が造られている。

(o・ω・)ノ植物にも、紫式部という花があります。
どうして、この名前がついたのかと思っておりましたが、
調べてみると、紫色の実の清楚な美しさを、
平安美女の「紫式部」 (西暦1000年頃の人)にたとえたそうな(*´∀`人 ♪

明日は、日本の山寺ものがたり②を紹介します♪
それでは~また明日(●´ω`●)



新着情報 | 16:15:14 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad