■プロフィール

tome365

Author:tome365
高倉勝子美術館「桜小路」
Katsuko Takakura Art Museum
登米市登米町出身
日本画家 

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■QRコード

QR

(o・ω・)ノ 日本の山寺ものがたり③
砂山寺 宮城泉の龍門山洞雲寺 (解説より抜粋)


仙台市泉市にある「龍門山洞雲寺」は日本三大寺のひとつ。

洞雲寺の周辺は、商業地や住宅地の開発が進んでおり
寺の敷地だけが切り取られた別空間のように感じられる。
春は桜、秋は紅葉、冬は庭園の雪景色と四季折々、その美観を楽しむことができる。

洞雲寺に伝わる伝説は多くあるが・・・「一里一里の鐘(銅鐘)」の伝説がある。
その昔、源義経が兄頼朝に追われ藤原秀衡公を頼って奥州路衡を落ちのびる際に
秀衡公が義経公の実を守るため沿道の松の木に一里毎に吊るした鐘を
撞き警報知に用いられたと言い伝えられている。

また、今も残る洞雲寺の悲恋物語として、長者の若妻と寺の美童が
愛し合いながら一緒になれないことを恨み悲しみ大蛇になった男女が
蛇となって生き続け、苦しみから「梅國禅師」に法力で救われた。
そのお礼に「歯と鱗」を献じた。
大蛇の歯と鱗は山寺洞雲寺に今も展示されているそうです。

高倉勝子の絵画 「日本三大山寺」
解説から抜粋し日本山寺ものがたり①②③と
書いてみましたが、益々お寺巡り等行きたくなりました(^-^)

今日から10月
紅葉も始まりますね~♪
美しい景色が観たいですネ(*´∀`人 ♪

風が強くなってきました。今夜と明日、荒れるみたいですねΣ(´Д`*)
皆さま、気を付けてくださいネ…

それではまた~(●´ω`●)

IMG_6140.jpg








新着情報 | 16:06:32 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad