■プロフィール

tome365

Author:tome365
高倉勝子美術館「桜小路」
Katsuko Takakura Art Museum
登米市登米町出身
日本画家 

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■QRコード

QR

*食欲も芸術もどちらもどうぞ*
おとといから賑々しく行われていた

「秋のはっと屋台村」

お蔭さまで

当館にも多くのお客さまに

お立ち寄りいただきました

この時期 各地でいろいろなイベントがありますね。

登米界隈でもまだまだ開催されますが

その中のひとつ 来週の日曜日(10月16日)

登米町で行われる一味違うコンサートのご紹介です。

登米町には、

新国立競技場や歌舞伎座の設計で知られる建築家の隈 研吾氏.の設計によって作られ

『 森舞台 』と名付けられた伝統芸能伝承館があります。

藩政時代からこの地に伝わる「登米能」をはじめ、

「岡谷地南部神楽」「とよま囃子」など伝統芸能の活動拠点となっていますが

この度こちらの能舞台をステージとして

ソプラノ、アルト、テナー、バリトン

それぞれのサクソフォン奏者合わせて4名からなる

『 カルテット・スピリタス 』

の演奏会が行われます。

登米市での演奏は過去にもありますが( 於 登米祝祭劇場 )

今回は竹林に囲まれた半野外の能楽堂でのコンサート。

どんな感じになるのでしょうね。

キャプチャ

プログラムは

舞台の雰囲気におそらくぴったりな

櫛田昳之扶(くしだてつのすけ)作曲
「 サクソフォン四重奏のための『 万 葉 』 」

ピエルネ作曲
「 民謡風ロンドの主題による序奏と変奏 」

また 多くに馴染みがありながら

超絶技巧を堪能できる

リムスキー・コルサコフの
「 熊蜂は飛ぶ 」

モーツァルトの
「 『 フィガロの結婚 』より序曲 」

などを予定しているとのこと。

よろしかったら聴きに行ってみてくださいませ。

10月16日(日)  

13:30 開場
14:00 開演

会場は 伝統芸能伝承館 『 森 舞 台 』

前売り券 一般 3000円  高校生以下 1000円 当日は各500円増し
( 未就学のお子さまの入場はご遠慮ください )

詳しくは下記までお問合せください。
森舞台classics実行委員会
✉ mori.classics@gmail.com
📞 0220-23-7371

イベント情報 | 14:18:23 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad