■プロフィール

tome365

Author:tome365
高倉勝子美術館「桜小路」
Katsuko Takakura Art Museum
登米市登米町出身
日本画家 

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■QRコード

QR

*台風19号*
超大型の台風による被害の状況は

日を追うごとに

深刻さを増しています。

被害に遭われた皆さまが

早く日常を取り戻されるよう

願うばかりです。

台風が去ってみると

宮城県内の被害も大きく

とよま界隈、当館の状況を心配する

お問合せも頂きました。

登米市内でもところによって

冠水した畑や浸水した建物が見受けられたようですが

ここは幸い大丈夫で

13日は午後から開館いたしましたが

本当は気仙沼においでになる筈が

三陸自動車道の通行止めにより

途中下車された俳句の会の皆さまなど

思いがけなく少なからずご来館いただきました。

(正直なところいろいろと複雑な気持ちですが)



ところで

現在開催中の

開館10周年記念特別企画の展示の中に

高倉家からお借りした

勝子先生がお書きになったこけしの絵がございますが

常にご覧頂いている

精神性の高い重厚な作品とは

また一味違う可愛らしさに

大変ご好評を頂いております。

そして何と!

勝子先生の息子さんご夫妻が

先日記念の式典においでになった際に

先生が絵付けされたこけしを

お持ちくださいました。

顔の表情はもちろん

胴の部分への描き込みも

「おくのほそ道」を彷彿とさせる僧形の二人連れ、

まさに「葛の葉子別れ」の一場面のような薄野に狐の親子など

歴とした勝子作品です。


IMG_0483.jpg
IMG_0485.jpg

こけしの絵は多目的室アートパル

こけしは常設展示室 アトリエ部分で

それぞれ展示しております。



開館10周年を記念した特別企画展

『悠ー祈り・いのち・風・流・大地』

 開催中です(~11/4(月)まで)

            お見逃しなきようご案内申し上げます



雑記 | 16:59:41 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する