■プロフィール

tome365

Author:tome365
高倉勝子美術館「桜小路」
Katsuko Takakura Art Museum
登米市登米町出身
日本画家 

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■QRコード

QR

新藤圭一日本画作品展最終日


7月10日より開催しておりました

『新藤圭一展』

お蔭さまで好評のうちに最終日を迎えました。

当ブログでの告知はいたしませんでしたが

今年の河北美術展日本画部門で

河北賞を受賞されたということで

河北新報の記事はもちろん

東北放送の夕方の番組の中で

ご本人のインタビューが流されたこともあり

大変多くの方にご来館いただきました。


この度

ご本人に快くお許しをいただきましたので

今回展示した10点の作品を

ご紹介いたします。

新藤先生

本当にありがとうございました!


IMG_1656.jpg
「わたすげ展望」 2016年制作 F80  河北美術展 東北放送賞
7月中旬頃田代平(青森県)の湿原に一斉に咲くわたすげの中に黄色の
ニッコウキスゲが点在するのを見て
自然の力と豊かさを強く感じ作品にしたもの

IMG_1657.jpg
「秋麗」 2017年制作 F80 河北美術展 賞候補
八甲田山の主峰八甲田大岳から酸ヶ湯温泉への下り道、
毛無岱lの草紅葉が黄金色に輝く贅沢なみちのくの光景

IMG_1658.jpg
「気充つ」 2019年制作 F80 河北美術展 東北電力賞
2018年は河北展入選ならず落ち込んでいた。
気晴らしに出かけた秋保大滝の轟音や飛沫、風圧に自然の雄大さを強く感じた。
よし! この感覚を大事に来年の河北展出品作品を創ろうと決めた瞬間だった

IMG_1659.jpg
「奈曽渓谷」 2022年制作 F80 河北美術展 入選作
鳥海山の豊かな水を生み出す奈曽渓谷。
かつて氷河が削った岩肌が紅葉に彩られた風景に魅せられ制作に到ったもの

IMG_1653.jpg
「花王」 2018年制作 F10 
春蘭亭の牡丹。

IMG_1666.jpg
「季」 2020年 F6
春が過ぎ梅雨に入る前の爽やかなときに咲くクレマチス。
背景の黄色は紫をきれいに見せる補色

IMG_1667.jpg
「曼殊沙華」 2018年 F6
背景は明と暗の力強い色を使い、花の色に負けない表現とした

IMG_1669.jpg
「釜神さまと」 2003年 F80 河北美術展 初入選
「ごんぎつね」 2018年 F6
「釜神さまと」は退職後始めた日本画教室で髙倉先生から直接指導を受けた作品。
子どもの一歳の誕生日に生涯の無事を願って一升餅を背負わせる催事を描いたもの
河北展で初入選となった思い出の作品
孫の1才の良い記念ともなった
「ごんぎつね」髙倉先生がよく描く狐を題材に描いたもの

IMG_1661.jpg
「山河明ける」 2023年制作 F80 河北美術展 河北賞
山形の左沢(あてらさわ)駅の近くで、江戸時代にはお城があり、
最上川を通る船を監視していた高台からの絶景。
遠い山なみと最上川に囲まれた田園ははるか昔からの人々の暮らしが感じられ
今日も明日もこの景色が続きますようにと祈る気持ちで描いた

※説明文は実際作品に添えたご本人によるキャプションから
 抜粋したものになります




雑記 | 16:31:17 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する