■プロフィール

tome365

Author:tome365
高倉勝子美術館「桜小路」
Katsuko Takakura Art Museum
登米市登米町出身
日本画家 

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■QRコード

QR

地域の文化の拠点として
当館の企画展(及びイベント)を
立案し、作品の手配から
準備、広報、事務処理まで
正職員のTさんがたった一人でこなしています。

企画展のほかにも
仕事はいくつもあり、
他の仕事と掛け持ちしながら、
頑張っています。

そのおかげで今回の企画展も、
非常に高い評価を頂いています。


登米市観光物産協会が
髙倉勝子美術館の管理をさせて頂くようになって
今年で3年目。

これからも、髙倉勝子美術館が
地元の文化の拠点として
発展していくことを
切に願っています。


DSCF9543.jpg








テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

雑記 | 09:39:06 | トラックバック(0) | コメント(1)
コメント
みんなの力で・・・
おはようございます。昨日の暑さから、一転して曇り空です。雨が降り出しそうですが、すごしやすい日になりそうだと思っているのは私だけでしょうか。
「文化の拠点」とは、良い感じの響きで、「高倉勝子美術館」にぴったりですね。
このような、美術館運営については、大変なご苦労や悩みが在ると思いますが、設立時の「コンセプト」(根っ子)さえしっかりと押さえていれば、色々な手段・方法で地域に根ざしたすばらしい「文化拠点」になることは可能だと思います。そして、スタッフ皆様の「適材適所」の頑張りによって、おぼろげながらも、当初、据えられた道筋を確実に歩みつつあるのかなとも思って拝見しています。
とよま町からの文化・芸術の発信基地としての、「高倉勝子美術館」の活動に期待したいと思います。   〔乱文失礼〕
2013-09-02 月 08:38:01 | URL | Yacho [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する