■プロフィール

tome365

Author:tome365
高倉勝子美術館「桜小路」
Katsuko Takakura Art Museum
登米市登米町出身
日本画家 

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■QRコード

QR

長橋沼周辺を散策して 2
今日のブログはA・Wがお届けします

特別企画 髙倉勝子水墨画展「悠」の開催中につき
 
作品に描かれている場面と思われるところを是非散策をと思い

 出かけたが、もっと足を延ばしたくなり、短日であり日は西山に

 傾きつつあったが、とにかく散策を続行しました。

PB270517_01.jpg

・・・ 登米町下り松より北上川をはさみ狐が森を眺む ・・・

 今回の展示作品の中に「ふる里の山河はいつ見ても美しく悲しい」という一文がのっている

作品があります。この作品の中に「狐が森」が描かれています。

登米町の北上川左岸部の山並稜線の中央部に少しだけ突出した山が「狐が森(295m)」です。

登米の歴史書に「連山聳えて高き山なり。絶頂に大日如来あり。東西南眺望すれば広大無辺なり」と。

「狐が森」の地名の由来は、神仏の使いである狐が棲んでいたのでこの名前がついたそうです。
 

「狐が森」の道程は、北上川左岸日根牛峰畑地区より「林道坊の沢」

3km程東進すると山頂に着きます。山頂から北西を眺めると、秀峰栗駒山を一望できます。

(林道坊の沢周辺はかつて修験道の場として

多くの僧房があり、女人禁制の山と言われたそうです)

 北上川の悠久の流れと、日根牛の山脈(やまなみ)の四季折々醸成する様は「ふる里の山河はいつ見ても美しく悲しい」。

髙倉先生の脳裏に片時も忘れることなく、この作品に込められていると思います。

是非鑑賞して頂きたい作品です

PB270536_01.jpg

・・・ 玉山月輪舘跡より南西に傾く夕日(晩春から夏にかけての
夕日は栗駒山にかかるのですが、この季は南方の大嶽山の
もっと南にかかってきます) ・・・

 
 髙倉先生の作品に「玉山、月輪舘跡」が描かれています。

   玉山・月輪舘は寺池城の北方にあり、葛西氏の忠臣

 「月輪五郎・十郎兄弟」居舘のあった場所であります。

 奥州仕置の際、伊達政宗軍と戦い非業の最後を遂げました。

 今も、外堀・内堀の跡が残っています。

PB270532_01.jpg

・・・ 玉山を下りる時、麓の農家の庭先に木ざわし(?)の柿
      見事に生っていました ・・・
       (ムクドリが1羽味見をしていました)

PB270537_01.jpg

・・・ 古戦場  軍場山 ・・・

登米総合支所脇の専用線を登米インター方面に1km附近左側の小高い山(丘 ?)が古戦場と伝えられている軍場山です。

 安倍一族、八幡太郎義家の時代でしょうか。

 髙倉勝子水墨画展「悠」は、髙倉先生のふる里を思いやる心と

地域や歴史、愛と絆を描いた作品の特別企画展です。
 
 どうぞ、お出でくださり、高倉先生の芸術の世界をご堪能頂きたいと思います。

         [お待ちしていまーーーーーす。]



テーマ:日本文化 - ジャンル:学問・文化・芸術

日本画・髙倉勝子作品について | 09:54:22 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad