■プロフィール

tome365

Author:tome365
高倉勝子美術館「桜小路」
Katsuko Takakura Art Museum
登米市登米町出身
日本画家 

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■QRコード

QR

<行>
宮城県登米市、先ほどは太陽が出ていましたが
今は厚い雲が増え、
合間から青空が見えています

DSCF1831.jpg

登米の四季写真展「夢は今もめぐりて」
好評開催中です

本日は、午後には門田さんが来館する予定です

昨日も、写真展会場で門田さんとお話しをしたいと
お客様にお越し頂いています



主に風景や花々を撮影されている門田さん

写真は、その場所、その時間に
被写体の前に
実際に足を運ばないと撮ることができません


睡眠時間を削り、特に冬季は寒さに耐えながらの
早朝の日の出や星空などの撮影も
幾度となくされているようです


展示されている写真は
長年積み重ねてきた「撮る」ことへの
熱意・こだわりの<結晶>のごく一部ではないでしょうか


「作品づくり」にはさまざまな手法・スタイルがありますが
労を惜しまず、被写体との出会いを求め
登米市内をはじめ各地を門田さんは自分の足で歩いています

今はネットで探せば
ほとんどのものを見たり知ったり手に入る時代


理屈だけではない
「行動すること」で
得られ、生み出せる素晴らしきもの

人生をかけた
ひとつの<行>


門田さんの写真に
そんなことを思い巡らせました








テーマ:展示会、イベントの情報 - ジャンル:学問・文化・芸術

そのほかの展示 | 11:44:24 | トラックバック(0) | コメント(1)
コメント
その場・・・
おはようございます。冷えも一段落の朝です。あとは「お日さま」がしっかりと出てくれれば言うことがありません・・・。
さて、「登米の四季写真展」、好評なようで何よりです。実際に「歩く」・「見る」・「聞く」ことは大切な事だと思います。もちろん、人の書いた本・映像や事典などで知ることも大切なことですが、それ以上に「実際」を大切にしたいものです。物事に真摯に向き合うと言うこと、特に「芸術」の世界では、「行」と言う境地にまで高めてやっていくのが本筋なのでしょう。
「写真展」、終了前に再度おじゃましたいと思っています。
2014-01-21 火 09:39:22 | URL | yachoです。 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad